むすんでひらいて

表向きでは不要なのに湧き出てしまう思いや考察。 自分を暴き、宥める作業。避難所。

よしよし

よーく頑張ったって、ただ認めてくれる人がいない。



あたしは、頭でっかちだから、失敗した事実も、足りなかった実力も、囚われて上手く出来ないことが沢山あるのわかってる。


わかってるから、泣いて喚きながらも、頑張ったし、今だって、歯を食い縛って、ギリギリ、なんか頑張ってる。




まー困ったことになったけど。


しおは、頑張ったよ。



そう、言ってくれるひと


どこ




いないのかな



あたしが、間違ってるからなのかな。




よく、頑張った。


慣れない人付き合いに

走り回って


実家の家風に抗いながら

吐いて、下して、躁鬱行ったり来たりで眠れぬ夜が長くても、病院に通って、薬飲みのみ


娘が連れてくる子を、皆つれて出かけて


相手の良いところを伝え続け


理不尽なことに、立ち向かって


怯えながら、笑ってみせて





全部、足りなかったけど


頑張ったから、偉かった。



皆にとってはでき損ないで手間のかかるグズだろうと、あたしはあたしの限界以上稼動した。


よし よし よし よし


しおはよくやったから。



あたしが抱き締めてあげたいよ。

腕がたりないよ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。