むすんでひらいて

表向きでは不要なのに湧き出てしまう思いや考察。 自分を暴き、宥める作業。避難所。

くちびるに歌を

あたしは歌うことが好きであります。


音楽を聴くことも大好き。




あたしは自分が「本来、間違いなく好きなもの」を、ひとつ把握できている事を褒めてあげたい。


作業しながら聴きなれた曲をかけ流していれば、口遊みはじめる。
お気に入りのフレーズを、もう一度歌いたいとリピートしだしたらコッチのモノ。




くちびるに歌を



なんて可愛らしいもんじゃないんですけどね。






JPOP・ロック・ミュージカル・洋楽・オペラ・合唱・ボカロ・歌謡曲・・


なんでもいいんですよ・・・自分がちょっと悦に入って大声出せたら。
ついでに笑っちゃうような歌詞とか大好き。




ヘナチョコ人生を送ってきているあたしですが。
本来のエネルギー量は、きっと多い方だと思います。
だから怒りの熱量も高くて、あたし自身の消耗も激しいんじゃないかなあ。
すぐ電池切れちゃうようになったのは、エネルギー切れだと思う。歳も取ったし。


気持ちよく歌ってるとき、あたし自分のエネルギー正しく使ってるって感じます。


歌うことが好き、と。同列で。
しゃべる事も気持ちがいいんです。
音読。朗読。とっても好きです。
人の語りを聴くのも、気持ちがいい。
だからナレーションや、ドラマCD、落語も大好き。



でも、気持ちよく歌ったり喋ったりって、相手に寄るんですよね。
あたしは基本独り活動なので。滅多に誰かと一緒にっていうことが無いんですけど。




ここ数年、カラオケでボンヤリ思ってきた事。




実家と取っ組み合うようになって、あたしは家族以外の人間関係が
ほぼ遮断された状態が常でございます。



恋の歌が、嫌いだと感じるようになった。
自分には無縁だからだ。



それでも、声を出して歌うには選曲しなければいけない。
好きなメロディを歌いたいと思えば、避けて通れないジレンマがあった。



そうやって苦虫を噛むような気持で歌っていたら
「あなた」だの「君」だのの二人称が出てくる曲に悲しくなってきた。




歌詞に綴られるような気持が湧き出る相手、自分にはいない。




それを突き付けられるような気持でいっぱいだったな。




だからといって、世の中ぶっ壊してやろうぜ!的ロックな歌詞だと
そんな気力も残ってない自分と、先を予見しないまま闇雲に掴みかかれるほど
ガムシャラになれない自分が浮き彫りに。




どこまでも病んで、身勝手に誰かを呪うような歌詞は
もうそれお腹いっぱいなんですっていう自嘲がこぼれた。




共感というものは、ものすごい市場なんだよな。
あたしの共感・・・どこ?




今は米津玄師が歌いやすくて、歌詞も聞きやすくて。
助かってる。


メジャーデビューしてから、曲がキラキラしてきたけど。
彼の作る曲は、あたしが共感したものに積み上げてきたような感じがする。






あなた。 君。 おまえ。




この単語に、あたしは体温が下がってしまうけど。




この間リリースされた米津さんの新曲が恋の歌で。
なんとも言えない気持ちながらも、メロディをなぞって聴いていた。



いつか自分も積み上げて、無邪気に恋だの愛だので笑ったり泣いたり
出来る日がくるんだろうか。来そうにないんだけど。それどころじゃないんだけど。


別に恋がしたい!恋人が欲しい!とか思ってない。
今の現状で登場人物増えたら、もうあたしただでさえキャパオーバーなのに。
どこに割り込ませるの。無理だろ。


そういう自分の状況が、みすぼらしく感じる。
そういうことなんだなと思う。
人の恋愛話を聞くと泣きたくなる。
自分には別世界すぎて。


やさぐれながらも、繰り返し聞いて歌って。
今朝、なんだか胸がムクムク熱くなって。びっくりした。



歌ってる間、娘のことが胸に膨らんできたから。






今でもあなたは わたしの光





もう、毎日通う場所で、なんとなく好意を持った誰かに
思いを寄せるような機会はないだろうけど。






恋の歌は、愛の歌なんだなーって。
どこかストンと腑に落ちた。





恋の歌を聴いて、あたしは子供を思う。
落としどころが見つかったのかな。



子供には・・・ドン引きされるから内緒にしておこう。














×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。