メモ

避難所。

お父さんスイッチ

お父さんスイッチ の 作り方~♪



空き箱に ボタンを5つ書きましてー
ひらがな5つ入れたならー
曲がるストローアンテナにして お父さんスイッチの できあがりー




あれ、本当に効果あるなら素晴らしいよ…
誰か開発して





今日は朝イチで、祖母に「そんなに父親を嫌わなくてもいいだろう」と言われて。
どーっと眠りに避難する羽目になりました。


夕飯の時。


娘は帰宅してこないし、何でもない風に会話する気力もわかず。
祖母と母と3人で黙々と食事をこなしていたら。
母のケータイが鳴った。遠方にいる弟夫婦からのようだった。



姪っ子と赤ちゃん言葉で話す母の声が、遠くなっていく。


母が「ちょっと待ってね、じいじにも孫の声聞かせてあげたいからねー」と
いそいそ、父のいる部屋へ走って行った。





思考停止。




ドロンと、何かが覆いかぶさってきた感じ。



あたしは動けなくなって、祖母が面倒そうに母を呼びに行く気配。



どうしたのと言われても。
上手く説明なんてできやしない。


何か、この胸を窒息させるほど膨れ上がっているものを、示さなければと。


言葉を発すれば、息が上がって、喉の奥がしびれてきた。
自分ではそんなことないと感じるけど、呼吸が浅くなっているんだろう。
手の先がしびれて、もう過呼吸パターンを身体は覚えたんだなって思った。


ティッシュを沢山口元に当てて、深呼吸をしながら。





父と笑って話す人の中にいると、孤独で死にそうになると。



やっと言えた。







祖母は、こっちが死にたいじゃ!と喚いたし。
母は、病院に行こうかと聞いてきた。





娘は新たに延ばした門限を破って帰宅した。





今日はクラスの人、だれともしゃべらなかったわ。メンドクサイ。



そう溜息をついて、悦にはいってる。


学校にいると熱が上がるんだよねー。
行きたくないけど、行けてるだけマシだよねー。



そう言いながら、チャットしてる。




次は不登校フラグでしょうか。




ふうん。なんで?とできるだけ抑揚なく受け答えをしていたけど。
クラスでの雰囲気が息苦しいこと。
自分が歩み寄るつもりはないこと。
保健室でのこと。


やたら喋る。



返ってきたテストを見せられた。
家庭教師の先生と「これはイケルね!」とやっていた範囲の回答が空欄だった。



わからなかったの?


そう。


試行錯誤した形跡もないけど。


だってもう、問題の意味が分からないのに、なに考えるの。
ちゃんと復習やるって。





ま、今回わからないところが把握できたってことでいいのかな。頑張れ。




頑張ってるんだよ。









娘は、夢中になっている彼が、自分に依存していると言った。
彼のお母さんはそれ分かってると言った。




彼はそうだろうけど、あなたもじゃない。




知ってるよ。




依存しあってる関係をなんていうか知ってる?




共依存でしょ?
わかってますよ。



それって良い事かどうか



良くないんでしょ。ハイハイ知ってるって。











町田君の世界が完結したんだよね。
娘がとっても楽しみにしていた最終巻。
先に読んだあたしは、それを隠している。


何故なら、とても良いことが描かれている。


だけど、今の娘にとって、それを伝えるために用いられたモチーフが。



家族。



自分に関係のない知らない人を、何の考えもなくぞんざいな表現で表す子供に、町田君が言うのだ。




君は自分のママが他の人に馬鹿にされたらどう思う?
自分のパパが人に貶されたらどう感じる?
君が虐められたと感じたら、君のパパとママはどう感じると思う?


自分と話したことが無い、あの人も、その人も、誰かのお母さんやお父さんかもしれないんだよ。そして誰かの子供なんだよ。



知らない人も、家族だと思って接してごらんよ。
みんな大好きな人になれば、優しくしたくなるし、大切にしてあげたくなるよ。
そしたら、世界は君にとっても優しくなるんだよ。




あーテーマが世界平和レベル。さすが町田君。
理想とは言え、そういう意識を少し装備することは本来大切な事だよ。



ただ、悲しい事に、家族が嫌いな人は。




家族を憎んでやまない人は。





せっかくのメッセージが、逆効果になってしまう。




あたしは大人だから、家族という単語を、自分が大切にしたいと思える人に変換して感じ取った。



今の娘には。無理だろう。



町田君が大好きな娘。



せっかく大好きなものが、自分を否定すると感じてしまう苦しさを。
心を寄せているものに、否定されたと感じる絶望を。
あたしは知っているよ。








あたしたちは。
こうやって、セカンドレイプを勝手に手にしてしまうから。








とても、読ませる気になれない。












でも、あたし。
今日やっといえたんだな。


弟夫婦が帰省してくることで、父と笑い合う人の人数が増えることを予測しただけで、頭がおかしくなるって。




あなたたちがそれぞれの事情で、あたしを傷つけるように。
あたしもあたしの事情で、あなたたちの輪から逃げ出したいんだよ。





娘も学校からスクールカウンセラー勧められてきたって言ってるけど。
あたしも病院行かなきゃだめかな。
でも。もう。この現状から離脱しなければ焼け石に水なんだよ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。