むすんでひらいて

表向きでは不要なのに湧き出てしまう思いや考察。 自分を暴き、宥める作業。避難所。

しょうがないこと

わかっていても


距離を取られているって思い知らされるのは
胸が引き裂かれそう。


飲み込んだつもりでも、慌ただしく叩きつけられていく時間の合間に脳裏をよぎる。




ズソリ、ズゾリと。



粗くて太い紐のような糸で編まれた布が


ゆっくり。さかれている。



しかたがないと、歯を食いしばって、自分の立ち位置を受けいれること。



しかたがないけど、あたしは傷ついている



しかたがないでしょうと言い放つ方は、どんな気持ちなんだろう。




娘の事で手一杯なときに、こんなことを思うのは。
それが自分を立たせる主軸にしたいと守ってきたからだろうな。



絶対なんてものはないんだと。



一度丸裸になる覚悟も、その先は良くも悪くもどうなるかわからないよねっていうことも。あたしは知らなきゃいけないのかもしれない。




あたしだけの問題じゃない。





分かったつもりになって、余裕かまして良いものじゃない。



あたしも気を付けよう。



人は、絶対なんてことはない。
絶対変わらない優劣の基準なんてものもない。




娘でそれを体感してるよね。



学べ。あたし。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。